笠間日動美術館:館内のご案内

ホーム / 企画展 /次回の企画展予告

次回の企画展予告

写実絵画のいまむかし

2019年5月25日(土)〜7月28日(日)


五姓田義松《人形の着物》1883年(笠間日動美術館蔵)

島村信之《泰》2010年(個人蔵)

目に見える世界を写す、これは絵画制作の原点とも言える行為です。ではなぜ私たちは世界を 写し、また写された世界を観たいと感じるのでしょうか。それは、この世界を「再現」する行為自体に、計り知れない魅力があるからかもしれません。
本展は「写実」をキーワードに、日本の近代から現代にかけての美術をご紹介するものです。油 絵の具の登場によって、より迫真的な表現が可能となった幕末明治、そもそも「リアリティー」と は何か、を画家たちが追求した戦前、そして本物と見紛う静物画や体温をも感じさせる人物画、白 昼夢のような風景画を展開する現代。それぞれの時代に画家たちが追い求めた「写実」の世界をご 覧いただければ幸いです。




高橋由一《本牧海岸》1877年(笠間日動美術館蔵)

高橋由一《丁髷姿の自画像》1866-67年
(笠間日動美術館蔵)

チャールズ・ワーグマン《百合図》1878年
(笠間日動美術館蔵)

森本草介《微睡の時》1984年(笠間日動美術館蔵)

山本大貴《ノエマの森にて》(後期出品)2019年(作家蔵)

橋本大輔《繰糸場》(作家蔵)
展覧会名 写実絵画のいまむかし
会 期 2019年5月25日(土)〜7月28日(日)
会 場 笠間日動美術館 企画展示館
開館時間 午前9時30分より午後5時(入館受付は午後4時30分まで)
休 館 日 毎週月曜日(但し7月15日は開館、7月16日は休館)
主 催 公益財団法人 日動美術財団 笠間日動美術館
後援予定 茨城県/茨城県教育委員会/笠間市/笠間市教育委員会/NHK水戸放送局/茨城放送/朝日新聞水戸総局/茨城新聞社/産経新聞水戸支局/東京新聞水戸支局/毎日新聞水戸支局/読売新聞水戸支局
入 館 料 大人1000円、65歳以上800円、大学・高校生700円、中学・小学生 無料
(20名以上の団体は各200円割引 障害者手帳をお持ちの方、その同伴者1名は半額割引)
春風萬里荘との共通券:大人1,400円、大学・高校生900円、中学・小学生 無料、65歳以上1,100円(20名以上の団体は200円割引、障害者手帳をお持ちの方、その同伴者1名は半額割引)
交通案内 【JR利用】
・常磐線友部駅北口より(9:55/10:50/11:50発)『かさま観光周遊バス』(100円)
または市内循環バスで約15分。「日動美術館入口」下車徒歩1分。
・水戸線笠間駅より徒歩約20分。(日動美術館・春風萬里荘共、但し方向は逆)
『かさま観光周遊バス』またはレンタサイクルの利用が便利です。
【自動車利用】
・常磐道友部JCT経由、北関東道友部ICより国道355号線経由約6q
・東北道栃木都賀JCT経由、北関東道笠間西ICより国道50号線経由約8q
【高速バス『関東やきものライナー』利用】
・秋葉原駅中央改札口前、東口交通広場 8 時 20 分発で約 2 時間 「笠間稲荷神社入口」下車徒歩 5 分 片道 1600 円、往復 2800 円

■会期中のイベントのご案内

各種イベントは別途入館料がかかります。

ギャラリートーク
日時:5月25日(土)、6月15日(土)、7月6日(土)各日14:00〜(30分程度)

プチ・コンサート「WindQuintet SORA」
日時:7月14日(日)14:00〜15:00

■萬里荘のイベントのご案内

七夕飾り
日時:6月23日(日)〜7月7日(日)


イベントについてのお問い合わせは笠間日動美術館へ
TEL:0296-72-2160 FAX:0296-72-5655
メールでのお問い合わせはこちら


このページのTOPへ