笠間日動美術館:学芸員便り

ホーム / 学芸員便り / ArtNews 笠間日動美術館

■「不思議がいっぱい 迷宮の絵画展」「第2回こども絵画ビエンナーレ」本日初日です!

2017年08月05日

蝉しぐれの中、「不思議がいっぱい 迷宮の絵画展」「第2回こども絵画ビエンナーレ」が初日を迎えました。

「不思議がいっぱい 迷宮の絵画展」では24作家の28作品を展示しています。
「迷宮」をテーマに出品を願ったのは、現代洋画壇で活躍する10数名の画家たち。100号の大作を中心に、それぞれの「迷宮」が届きました。

当館のコレクションからは、奥谷博、遠藤彰子、田村能里子、渡邉榮一、堀晃、陶山充、開光市の各氏。開氏の120号の大作はタイトルも「迷宮」、当館では初公開となります。
長渕剛氏の「天狗」「不動明王」の2作品も見逃せません。

開館を待っていち早く入館されたのは長渕ファンの皆様。
長渕氏の作品は、2000年に日動画廊で開催された「第2回詩画展 赤鬼」に出品されて以来、10数年ぶりの公開となります。

IMG_3120%20%284%29.jpg

「第2回こども絵画ビエンナーレ」には、関東及び福島県の小・中学部132校から応募をいただきました。応募総数は600点を越え、217点が入選、うち受賞作品は31点。

本日午後2時から、受賞式が開催されます。詳細はまたのちほど。

どうぞご来館ください。

■「金山平三・佐竹徳記念室」の展示替えを行いました。

2017年07月23日

猛暑到来、金山・佐竹ファンの皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

この度「金山平三・佐竹徳記念室」では、奥入瀬や十和田をはじめとする水辺風景、風のそよぎを感じさせる作品など、資料を含む47点を展示しました。

2017%207%2023~%20%282%29.jpg

絵の中の水音や涼風の体感に、どうぞ美術館にお出かけください。

秋の展示案内
9月30日から、本会場では「生誕120年 佐竹徳展」を開催します。
また、河口湖美術館にて10月28日から12月24日まで「金山平三展」が開催されます。
こちらへもどうぞ、足をお運びください。

■「カンヴァスの中の巨匠たち」展 スタート

2017年05月27日

本日5月27日(土)より特別展「カンヴァスの中の巨匠たち」展がスタートしました。

IMG_2576%20-%20mini.JPG


続きを読む »

■パレット館小品展示室の展示替えを行いました

2017年04月21日

パレット館2階の小品展示室は、アンティークドールから小品彫刻に展示替えを行いました。
ドールたちは10月半ばまでお休みをいただきます。

%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E9%A4%A82%E9%9A%8E%E5%BD%AB%E5%88%BB.jpg

彫刻家 伊東傀の作品を中心に、岡田三郎助や梅原龍三郎など昭和を代表する洋画家たちの彫刻の作品を加え、約30点を紹介しています。

企画展示館で開催中の特別展「日本 華やぎの情景」は、5月14日(日)まで、あわせてお楽しみください。

■「金山平三・佐竹徳記念室」の展示替えを行いました。

2017年04月21日

パレット館3階「金山平三・佐竹徳記念室」の展示替えを行いました。

20170416_101544_639.jpg

四季の移りを追って、日本国内に旅をした画家
金山平三と佐竹徳の記念室では、3か月ごとに展示替えを行っています。
今回は、春の情景や清流流れる奥入瀬の風景など資料を含む42点を展示しました。

笠間もすでに新緑の季節、当館庭園の広葉樹も芽吹き始めました。
庭園の散策とともにお楽しみください。

2 / 28