笠間日動美術館:館内のご案内

ホーム / 常設コレクション / コレクション詳細

■C夫人像 / アンディー・ウォ-ホル (1928-1987)

C夫人像 / アンディー・ウォ-ホル
制作年1975年
画法アクリル、シルクスクリーン
サイズ107.5 x 107.5cm

アンディー・ウォ-ホル (1928-1987)

アメリカの画家、版画家、映画作家。1928年、ペンシルヴェニア州ピッツバーグに生まれ、1987年、ニューヨークで歿。1945年から49年にかけて工業研究所で絵画デザインを学んだ後、ニューヨークで商業デザイナーとして活躍。52年、初個展。50年代を通じて独自なデザイン、ドローイングの作品をつくっていましたが、60年代の初め、ポップ・アートのもっとも独創的な作家として現れ、アメリカ内外でスター的な知名度を得るようになりました。
彼は人気のスターグラビア写真、漫画、大衆消費財の広告の絵図といった大衆的な商業美術から主題をとり、それを芸術作品に変えてしまうのです。コカ・コーラの瓶、キャンベル・スープなどの連作は、シルクスクリーン、マルチメディアを駆使して、絵画の実験を試みたものです。さらに現実の出来事や映画やテレビのイメージ、たとえばマリリン・モンローの写真などを駆使した作品を制作しました。<C夫人像>もシルクスクリーンの技法に基づき、アクリルで彩色したものですが、ポップ・アートの没個性的な非人称性をよくあらわしています。
60年代の中頃から、彼はアンダーグランドの映画も制作しました。